施設紹介

スタッフ紹介

スタッフ紹介

ご挨拶

私はこれまで、急性期から回復期、生活期(通所リハや訪問)を有する職場での勤務を通じ、「病気が発症してから、退院し在宅・施設等で生活していく」一連の流れをそれぞれの病期の職員と連携しながら経験してきました。
その中で、回復期リハビリテーション病棟に3年勤務し、密なリハビリテーションの提供により利用者様の出来ることが増えていく過程を学び、リハビリテーションの可能性をとても強く感じました。
その後、同職場で約5年間訪問リハビリを経験し、在宅の場でもまだまだ出来ることを増やせる可能性があること、一方で入院中に出来ていたけど退院してからは上手く出来ていない部分が多いことも痛感しました。
またそれと同時に、ご自身の夢ややりたい事を諦めきれない、という方にも多く出会い、本質的なリハビリテーションとは、その人がその人らしくあることの実現・支援することを再認識し、何かもっと出来ることがあるのではないかと強く感じておりました。
訪問リハビリの保険内サービスとしても、復職支援や買い物、公共交通機関への練習、旅行支援等経験してきましたが、やはり限られた時間ですと出来ることが限られてしまい、満足のいくサービス提供がなかなかしづらい、と感じております。保険サービスとして、出来る量・時間が限られてきている昨今、その人らしさの実現に向けて、プラスαの関わりが出来れば、と考えております。
密な長時間の関わりだからこそ出来ることは、身体機能の改善以外にもたくさんあります。お悩みの事がありましたら、まずはご相談いただければと思います。

リハビリテーション部門
責任者

伊藤 潤平

経歴

  • 2012年 畿央大学健康科学部理学療法学科 卒業
  • 同年4月 医療法人寿山会 喜馬病院 リハビリテーション部 入職
  • 2020年4月 アイ・エスひらかた訪問看護ステーション 入職

所有資格

  • 理学療法士
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 日本訪問リハビリテーション協会
    認定訪問療法士
  • 心不全療養指導士

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本訪問リハビリテーション協会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会

学術活動

  • 2012年
    日本徒手理学療法学会 学会発表
  • 同年
    日本徒手理学療法学会 学術論部
  • 2019年
    日本訪問リハビリテーション学術大会 学会発表

特技

  • 内部障害の理学療法
  • 再発予防に向けた食事、運動等生活習慣の指導、自主練習指導
  • 運動療法におけるリスク管理
  • 社会参加支援

ご挨拶

病院・在宅での患者様・利用者様との関わりの中で「本当に望んでいることが何か」を考えるようになりました。「その人となり」、「その人らしさ」を追求することがリハビリテーションの本来の形だと考えております。

リハビリテーション部門
現場スタッフ

長尾 侑治

経歴

  • 2014年3月 藍野大学 医療保険学部 理学療法学科 卒業
  • 同年4月 医療法人寿山会 喜馬病院 リハビリテーション部 入職
  • 2019年4月 株式会社スウィング アイ・エスひらかた訪問看護ステーション 入職 

所有資格

  • 理学療法士

所属学会

  • 日本理学療法士協会
  • 日本循環器学会

学術活動

  • 2015年
    第27回大阪府理学療法学術大会 症例発表
  • 2018年
    整形 共同研究

特技

  • 動作観察、分析
  • 個別性に富んだ自主練習メニュー立案、指導

ご挨拶

『ことばが思い出せない』『理解が難しい』『文字が書けない』『読めない』といった、ことばや聴こえに問題を抱えていらっしゃる方々や、そのご家族様とご一緒に、問題点の抽出、個別プログラムを立て、コミュニケーション機能の改善、軽減や支援を目指しています。
ことばが出てこず、辛いお気持ちを涙されながらお伝え下さる方々にお会いしてきました。少しでも伝わりあったという喜びの共有や、笑顔になって頂きたいという思いで臨ませて頂いています。
言語へのアプローチを通じ、ご一緒に泣いて、笑って、一歩ずつ踏み出すきっかけになって頂ければと思います。

言語リハビリ
現場スタッフ

森友 由貴子

経歴

  • 2013年3月 大阪医専 昼間部 言語聴覚学科 卒業
  • 2013年4月~ 回復期リハビリテーション病院、訪問看護ステーション、介護老人保健施設等に勤務。
  • 2021年1月~ 株式会社スウィング アイ・エスひらかた訪問看護ステーション 入職 

保有資格

  • 言語聴覚士
  • 日本心理学会認定心理士(2005年)

これまでの経験を通して感じること

回復期病院で4年、介護老人保健施設で入所/通所2年、訪問看護に携わらせて頂いてからは4年目になります。
回復期から生活期まで主に成人された方々を対象とした、摂食嚥下、運動性構音、音声、失語、高次脳機能などの領域に従事させて頂いてきました。
また医療機関から保健施設、福祉施設と関わらせて頂き、それぞれのニーズや思いを通じ、「ご利用者様らしさ」の支援を模索し、広い視野を持っていきたいと思うようになりました。
「話す」「聴く」などにお困りの方々の、お気持ちに寄り添ったリハビリプランのご提供、お手伝いをさせて頂ければと思います。

得意なこと

心のサポートを大切に考えています。
アイエスでの言語室は、静かで明るいお部屋をご提供させて頂いており、リラックス、集中しやすい環境が整っています。また、失語症検査等の時間を要する検査にて、ご利用者様の心理的ご負担面等ご配慮させて頂いています。